「キツい時・怖い時ほど、みんなが離脱するので逆にチャンス」

はい。今日も始まりました、岩松勇人の秘書の部屋。101回目ですね。ワンちゃんは出てきません。

フフフフ(笑)

101回目のワンちゃんは出てきません。えっと(笑)今日のテーマが、キツい時・怖い時ほど、みんなが離脱するので逆にチャンスと。これはどういうことでしょうか?

そうですね。これは岩松さんが結構仰ってますね普段から。考え方としては、私もそういうふうに考えるんだと思ったことの一つであるんですけど。まあやっぱりこのビジネスをやっていると、うまくいかないこともありますし、赤字出してしまったりとか、それこそ何か変な噂を立てられて、あんまりお客さんが集まらなかったりとか、色々あると思うんですよ。お客さんのレビューが、変なレビューがついちゃって、買ってくれなくなっちゃったりとか。そういうピンチとか沢山あると思うんですけど。そこで諦めちゃう人、やめちゃう投げ出しちゃう人っていうのは多いので。そこで自分はやめるんじゃなくて、逆にそういうやめていっちゃう人がいるから、自分が生き残って、最終的に成功するというか。それをチャンスと捉えられるかっていうのはすごく成功する上で大事な思考かなと。

そうですね。基本的にビジネスってうまくいかないとか、さっき経済的な成功とかっていう言葉もありましたけど。それって勝手にやめちゃうんですよね。勝手にやめちゃうんですよ。勿論ビジネスって、ものすごい圧倒的なっていうのは、それこそ人によるかもしれないですけど。例えば僕がお伝えしたインターネットを使ったビジネスで、数十万とか月100万円くらいですかね?稼ぐってそれこそやめなければ、PDCAサイクルを回してやれば、誰でもいけると言っても過言でないくらい、僕は出来ると思っているんですよね。何でやめちゃうかっていうと、キツイ時恐い時に皆離脱すると。勝手にやめちゃうんですよ。それってやっぱ特にビジネスをやる上でトラブルとかもありますし、さっき武内さんが言ったように、うまくいかないこととか、赤字になってしまったりとか、お客さんに何か言われたりとか、クレームを言われたり色々あるんですけども。そういう時こそ周りの人間を思い浮かべて、人間は同じようなことがあったり、離脱するなっていうふうに思っておけば、まあそんなに凹まずに済むっていうのはあります。まあ基本的に感情の問題ですよね。感情の問題で、どうしようかなとか、これ嫌だなとか。それでやめちゃう人が多いってことですね。なのでまあこういう時にどういう考え方が出来るかですね。逆に言い時に調子乗っちゃう人は多いんですけど。いい時は皆いいんですよね。

そうですね。

なのでいい時こそ別に、皆いいしなっていうのもありますし、自分がいい時でも、他の人もそういうのがあるんだろうなっていう形で。キツイ時ほど、ああでもこれは絶対他の人のやめそうになるわなあみたいに思っておけば、結構それも楽しめるっていうのはありますね。勿論その時はそういうふうに思えないかもしれないですけど。僕もやっぱりビジネスを何年もやっていると、大変なことが色々あったんですけど。でもまあ同じような道を多分皆さん通ると思うんですよね。だから分かるんですよ気持ちが。ここらへんで多分離脱するなとか、ここらへんで多分やめちゃうなとか。なのでそういうポイントが多ければ多いゲームの方が、それをクリアしたらいいかなって感じですよね。ゲーム感覚でやると、ホントにゲームのつもりでやるのは良くないんですけど、ゲーム感覚って僕は大事かなと思ってまして。マリオとかもそうですけど、ゲームクリアした後に、そのダンジョンが難しい方が、ライバルが突破しづらいじゃないですか?クリアしちゃえば、ダンジョンとか経緯が難しい方がいいんですよね。ライバルがどんどん消えていくからですね。なので皆が誰にでも出来るバリアフリーみたいなところで、自分がやったら出来たと言っても、他の人も出来るので、競争原理的に自分も淘汰される可能性が高いってことですね。なので色んな精神力や人間力や色んなところが問われるのがビジネスで。いい時はいいんですけど。キツイ時は恐い時も多々あると思います。その時にどう考えるかですよね。まあでもよく死ぬことよりはかすり傷みたいな言う人もいるかもしれないですけど。ホントその通りで、別に大したことないわけですよ。まあその死ぬことに比べたら。人間最終的に死んじゃいますし。よく言われますけど、挑戦しないことを後悔するとかあるじゃないですか?死ぬときに。やるだけやってダメだったらしょうがないですけど、やらずに後悔するっていうのは良くないですし、そんなこと言っている間に皆がやめるので。

しめしめって感じですね。

そうです。ただマイペースでやるよりかは、世の中の基準でPDCAサイクルを回すのが大事なんですけど。これはそういう時になった時にどう考えるかですね。大事かなと思います。今回101回目ということで、キツい時・怖い時ほど、みんなが離脱するので逆にチャンスということですね。考え方次第ってことです。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です