「会社員と起業家は、水族館のアシカと野生のアシカぐらい違う」

はい。今回も始まりました。岩松勇人の秘書の部屋ということで、今日は98回目ですかね。今回のテーマが、会社員と起業家は、水族館のアシカと野生のアシカぐらい違う。これはどういうことでしょうか?

これは会社員として働いている人と、自分でビジネスをやっている人っていうのは、例えて岩松さんがよく仰ることですけど。水族館のアシカさんは、狭いところで餌を与えられて、お客さんを喜ばせる芸をやって。なので水族館のアシカがいきなり野生の海に放り出されたら、多分自分で餌の取り方が分からないので、恐らく死んじゃう。そんな例えです。

そうですね。これってホントに見慣れ過ぎて、水族館のアシカって違和感を覚えないと思うんですけど。野生のアシカから見て水族館のアシカって異常事態なわけですよね。だって普通に考えて野生のアシカって、普通に野生で餌取ってますけど。野生のアシカが水族館のアシカを見る機会があったら、え?っと思うわけです。人間から餌をもらって更になでなでされて、ボールクルクルして。ヒレをこうパタパタしてすごいシャチホコみたいにしてですね。カオスな感じなんですよ。これって人間もそうで、自営業っていうのは、自分でビジネスをやる人って、野生のアシカに近くてハンティングなわけですよね。自分で餌を取ると、自分で価値を提供して対価としてお金を得ると。会社員の人ってどっちかって言うと水族館のアシカなんですよね。大企業っていうのは大きな水族館で、こっちの方が安定しているとかそんな感じで、これくらい違うってことですね。これはいると思いますよ、ワンちゃんの野生の犬と飼い犬ってまた違うと思うんですよね。どっちも一長一短あるというか。会社員の方は自由はないですよ。自由はないですけどそれなりに一定の餌はもらえると。水族館が安定していればの話ですけど。野生のアシカは自由ですよね。けど飯食えるかは分からないですし、常に危険にさされていると。この音声を聴いているあなたは、別に会社員じゃなくても、主婦の方でもそうですけど。大体水族館のアシカモードなんですよね。水族館のアシカモードで野生に行こうとすると結構大変っていうか。それを例えばコンサルとかで色々お伝えをしているんですけども。だって水族館って言ったら、イチイチ確認するわけですよね。これをちゃんと水族館の意向に沿ったことをやらないと餌をもらえないので。野生のアシカって水族館の意向関係なしに、餌を取るのに必要なことをやるんですよね。なのでこれでいいんでしょうかとか、これで合ってますでしょうかとか、これはこうした方がいいんでしょうかとかあんまりないんですよね、野生の方は。だってあなたが餌取るんでしょって言って、あなたがやるんだからあんたが決めなよって言って。なのでこの水族館のアシカモードでビジネスをやっている人は結構大変。かといって水族館のアシカが嫌だって言って、自分は野生に行くと思って、会社を辞めてうまくいかない人は結構いますね。何故かと言うと今まで水族館にいたアシカは餌の取り方が分からないからですね。結構大変っていうか、この音声を聴いていたら、水族館から野生のアシカに頭の中とか脳内はシフトしていきつつあるのに、現状は水族館っていう状態。これは結構もどかしいですよね。

そうですね。

でも徐々に徐々に水族館から意向するっていう、そういう期間を設けないと一回野生に飛び出したら痛い目にあっちゃって、水族館に逆戻りっていうか。これも昔からやっていけば良かったんですよ。昔から自分でビジネスをやっておけば困らなかったと思うんですけど。今までいい会社に入っていい学校に行って、会社に入るって教育があって、それの名残がちょっとあって昔から意味分からないい国作ろうとか、水族館のアシカになろうとするようにされてきたので。まあそういうふうな世の中になっているってことですね。僕のコンサルがとかじゃなくて、そもそも水族館のアシカとして、うまくいくための教育がされてきた。会社でも水族館でどうやってお客さんを喜ばせるかをやっていると。なので野生のアシカっていうか、野生に出て自分で稼ぐっていうのは、どこも教えられていないわけですよね。だからうまくいかないと。そういう人がいた方が国とか色んな人が管理し易いので、それが世の中の実態っていうか、っていうのはありますね。

そうですね。ちょっとずつ訓練しないとダメですね。いきなり大海原に出たら。鮫に食われるかもしれないし。

そうですね。今回のテーマが会社員と起業家は、水族館のアシカと野生のアシカぐらい違うということですね。徐々にシフトしていきましょうと。今後ホントに水族館も安定ではないので。大きな水族館もですね。自分で餌を取れるのがいいかなと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です