「コンセプトを提示しておきながら関係ないものが入ってくると世界観は崩れる」

はい。今回も始まりました、岩松勇人の秘書の部屋ということで、今日は78回目ですかね。今日のテーマが、コンセプトを提示しておきながら関係ないものが入ってくると世界観は崩れると。これはどういうことでしょうか?

そうですね。これはお店に並べる商品だったりとか、結構これは重要なんですけど。物販のお店で売って、アパレルとか売っている人が多いと思うんですけど。モデルさんが韓国人っぽいモデルさんの中に、いきなりブロンドのすごいセクシーな人の画像が入ってきたら、ちょっとアレ?ってなると思うんですよ。こういうのは意外と気づかずにやっちゃっている人が多いというか。結構客観視して見た時に違和感感じて、ちょっとした違和感が、購入まで結びつかない原因だったりすることもあるので。そういう部分とかによく表れるかなと思います。

そうですね。コンセプトって前も出てきましたね。お客さんをどこに導きたいか決意表明って言って。結局どうしたらいいのっていうのが分からないんですよ。お店からのメッセージとして。韓国系のおかっぱの人ですよね。おかっぱのモデルさんが結構いるんですけど。ああいう人系の服を並べているのに、ブロンズっていうか白人とかそういう系のが入ってくると確かにどうなのって感じで。そりゃアクセスが多いものとか売れているものを並べるっていうテストだったらいいですけど。そこから専門店とかコンセプトを提示したショップを作るっていう時に、それがゴチャゴチャになっていたら、結局誰のお店かっていうのが分からないわけですよね。コンセプトってさっきも言いましたけど、お客さんをどこに導きたいかの決意表明ってありましたけど。お客さんからしたら心に響くコンセプトとか、すごいいいコンセプトっていうのは、どういう状態かと言うと。そうそうそういうお店を探してたっていうふうに思ってもらえれば、いいコンセプトですよね。じゃあさっきも武内さんが言ったようなゴチャゴチャなのがどうかっていう部分で。あんまりそうとは思わないと。共通点とかそういうのがあればいいですけど、その世界観っていうのが。まあ別の音声でもありましたけど。ドン・キホーテとかゴチャゴチャ感がいいわけですよね。激安ジャングルっていうコンセプトなわけですよ。だから何買うかが分からないのに、とりあえず行って、ここだったらあるかなとか、結構安いかって言ったらそんなでもないですけど、安く見えて。ゴチャゴチャ感が結構行くだけで楽しいっていうのもありますし。

後はPOPですよね。POPが特徴的というか、面白いことが書いてあったりして。

そうですね。

あれはあれでいいんですよ。高級店であんなことをしたら違うわけですよね。なのでこの世界観ってやっぱりブランド形成にも繋がりますし、顧客のイメージですよね。なので。まあ最初のテストはいいです。じゃあこれを言うと必ず、ええでも最初っからこれは良くないんでしょうかって言うんですけど。最終的にこれを作っていくってことです。1店舗目2店舗目なんかは潰す勢いでやった方がいいと思ってまして。最初は売れるもの、ごちゃまぜでもいいですし。最初から完璧にやらないというか。徐々に2店舗目3店舗目4店舗目で、反応がいいものの専門店とか。専門店っていうのもちょっとアレなんですよ。コンセプトが弱いんですよね。例えばパーティードレス専門店とかって、コンセプト定時型かっていったらちょっと弱いんですよね。

そうですね。

ただ物でカテゴリーで分けているだけなので。ワンピース専門店とかも相当弱いんですよ。売れないことはないです。勿論売れます。でもどういう人、どういう顧客、どういうシーン、商品プラスシチュエーションとかですね。パーティードレスってパーティーの種類もいっぱいあるわけですよね。婚活パーティーなのか何パーティーなのかにもよりますし。もうちょっと具体的に、そうそうこれ探してたっていうドンピシャなものですよね。それが出来ればいいかなと思います。その段階で、関係ないものが入ってくると、それは崩れまっせって感じですね。最初の段階でそれ以外並べたらダメなんですかっていうのは、かなり分かってない人で、最初は売れるものでテストしてって感じですね。その優先順位とかステップっていうのを必ず理解して頂いて。最終的にそこに近づいていくってところですよね。

そうですね。その順番はすごい重要ですね。最初から狙って出来るかっていったら、中々そうもいかないので。まずどういう商品が反応が取れて、どういうふうなニーズがあって、どういうお客さんがいるかっていうのを見た上で、じゃあその中のこの人に向けてっていうような感じで絞っていく方がいいかなと思いますね。

そうですね。コンセプトが思いつきませんっていう人は、お客さんの声を聞いていないので、嫌でもこういうお店を作りたくなるとか、こういう専門店にしたくなるっていうふうに、嫌でもそういうふうにならないとおかしいっていうか。まあそんな感じですかね。ということで、今回78回目ということで、コンセプトを提示しておきながら関係ないものが入ってくると世界観は崩れると。今一度お店ですね。まだこの段階ではないっていう人も、客観的に見てどうかっていうのは、見てみた方がいいんじゃないかと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です