「Yesの連続を引き出す」

はい。ということで、今日も始まりました。岩松勇人の秘書の部屋。今日のテーマが、52回目なんですけど、Yesの連続を引き出すと。これはどういうことでしょうか?

これはですね。お客さんに何かをオファーをしたりする時に、よく言うのは小さなYesを積み重ねることで、最終的に大きな承諾を引き出せるっていうような感じなので。その前ですよね、ちっちゃいYesをもらいましょうという。

そうですね。これは狙ってやるというか、テクニック的なものではなくて、もうちょっと何か常に相手の欲求以上を応えるっていうマインドじゃないとキツイかなと思います。これはテクニック的に使うとなんか腹立ってきますので。ビジネスだかじゃなくて恋愛とかでもそうですけど。連絡先を交換するYes、食事食べに行きましょうYes、を超えて行かないと結局次に繋がらないので。ちっさいビジネスを積み重ねてやろうっていう人からはあんまり嫌だと思うんですよね。なので連絡先を聞き出してやるというよりかは、単純にまず目の前の相手にYesって言ってもらえるような壁を全力で突破するっていうマインドの方が大事かなと思いますね。

なるほど。

変なテクニックとかって逆効果なので。単純に相手からお金を頂くって時に、まずやっぱある程度信用を得ないといけないですし、勿論相手に言わせるっていうのは、一貫性とか働くとかあるんですけど。相手もそんなに馬鹿じゃないっていうか。ただYesって言わされたから、最後までYesって言わないといけないとか、そんなことはないので。まあそれはそうですよね。引き出すっていうのは、やっぱそれなりに相手の期待を超えていかないといけないっていうのはありますね。この辺りどうですか?

そうですね。Yesを引き出す。でも物販とかもそうだと思いますね。色んな段階があって、じゃあまずはお客さんに自分の商品を見てもらうっていうところから始まって、それがカートに入れてもらうとか、最終的にお金を払う、まあ決済をしてもらうとか。色んなステップがあって、その中で一個でもやっぱりNOがあったら、その先に進めなかったりとか、カートに入ったのも別のお店にいっちゃって、結局そっちで買っちゃうとかっていうのがあると思うので。一つ一つクリアしていかないといけないっていうのはありますね。

そうですね。まあYesの連続って言ってますけど。まあそういうことなんですよ。当たり前っちゃ当たり前なんですけど。どうやったらYesの連続が引き出せるかっていう部分なんですけど。基本的に期待以上ですね。期待以上。人は期待通りだったらYesって言うかって言ったら微妙で。偽りのYesもあります。飲食店に行って、すごいおいしいかって言ったら、おいしかったとしても、そのYesは引き出せますけど、また来てくれますかって言ったら、おいしかったけどもまた来るのはどうかなっていうのはあるんですよね。すごい予想してたよりもすごいおいしかったっていうところのYesが引き出せれば、ぜひまた行きたいっていうふうになるんですよね。なのでカートに入れるとかっていうのは、そういう部分で想像以上なので難しいかもしれないですけど。やっぱり何かしら期待を超えていかないと、Yesの連続っていうのは難しいかなとは思いますね。なので、この連続をすればするほど、それはお客さんとの密な関わり、ライフタイムバリューとかってのもありますので、期待できますので。まあそのNOとなる人もいるんですよ。前も来て欲しくない人を明確にするってありましたけど。YesもNOも分岐点なので、人生って。どこかでNOって言えばそこで終わっちゃうと。ただNOに行ったとしても、Yesに戻す工夫をしてもいいですけどね。あんまりNOの人をYesに戻し過ぎたら、それはそれでどうかなと思いますけど。やっぱ1回くらいはNOがあるんですよね。1回やって良かったけど、またちょっとどうかなと思った時に、またそういう戻る機会があるっていうのもいいとは思いますけど。その辺りの顧客の心理をちゃんと理解しないといけないですよねっていう。

なるほど。

ただYesの連続を引き出すっていうのは、お客さんの基準が高まってくるんですよね。

そうですね。

良かったと思って、もっともっとっていう、人間の欲求の根源なので。良かった良かった良かったって、ずっと超え続けるっていうのは、結構期待値を上げ続けないといけないですよね。前よりも今の方がよりすごいっていうか、すごいすごいすごいもっとすごいっていうのに行かないと、Yesを取り続けるっていうのは難しいかなと思いますね。飽きてくるっていうか、慣れてきますので。その期待を超えないとYesに繋がらないかなっていうのはありますね。

はい。

っていうことで、今回52回目ということで、Yesの連続を引き出すですね。まあ期待値を大幅に超えるっていう。それを超え続けるっていう部分ですね。これはやっぱり自分も進化しないといけないですし、それをちゃんと顧客の気持ちを考えてやらないと、いきなりすごいハードルの高いYesを持ってきても超えられないので。階段を作ってあげるっていうのが大事かなと思いますね。ありがとうございました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です