「来て欲しくない人を明確にする」

はい。ということで、今回も始まりました。岩松勇人の秘書の部屋ということで、今日は50回目ですね。今回のテーマが、来て欲しくない人を明確にする。これはどういうことでしょうか?

そうですね。来て欲しくない人、来て欲しくないお客さんって言ってもいいと思うんですけども。どんなお客さんに、どんな価値を提供するか、どんな商品を提供するかっていうのを決める上では、逆にどんな人に来て欲しくないか。買って欲しくないかって言うのを明確にすることで、その方向性とかコンセプトとかを、よりブレなくなるっていうことかなと思います。

そうですね。やっぱ良くないのは、こんな人もあんな人も皆さん全員来てくださいっていうのはあんまり良くなくて、この人来てくださいっていう方が、その周りに響いてくれる人も来てくれるっていうのはありますね。来て欲しくない人を明確にするっていうのは、やっぱホントに大事にしたいお客さんに、リソースを割けるってことですね。飲食店とかも一見さんお断りとかありますけど。何で一見さんお断りするかというと、一見さん以外来て欲しくないってことですね。何で来て欲しくないかっていうと、要は色んなところからお客さんに来て欲しいというよりかは、ちゃんと来てくれる人にちゃんと提供をして、その人と長くお付き合いしていきたいっていうところですね。会員制とかもそうですけど。なのでまあ、勿論間口を広げるっていうのは、それはそれでいいと思うんですけど。どこかでスクリーニングっていうか絞っていかないと、多分経営資源というものの配分が出来ないんじゃないかなと思いますし。まあでもこれはモチベーションとか気分の問題ですよね。来て欲しくない人。すごく自分が料理にこだわっていて、こだわるだけじゃなくて、高い基準で提供して、分かる人だけに頼んで欲しいと思っても、よく分からない人に適当に食べてこれ味がどうかなとか言う人に、食べてもらいたくないんですよね。その人にウダウダ言われて、これちょっと高いから返金って言われても、そんなの難しいわけですよね。なのでちゃんとこっちのスタンスとか、それをお伝えして、それに共感してくれる人だけとまずお付き合いしていくっていうのが、今後のビジネスの肝っていうか。最初の段階で明確にコンセプトを打ち出すっていうのが大事ですし、これが出来ていないところっていうのはやっぱ。是非ともこの人もって言って、疲弊して終わるかなと思いますね。そういうの感じませんか?

そうですね。一見さんお断りとか、会員制ってありましたけど。あれってこうお客さん絞って来てほしくない人は来れないようにすることで、実際に来てくれたお客さんとの絆が深まると思うんですよ。何ですかね、連帯意識がじゃないんですけど。要は来て欲しくないっていう人を、仮想敵みたいな感じで捉えて、ああいうふうになりたくないとか、そういうのでお客さんとの結びつきが強くなるような感じがします。

そうですね。これは色んな価格とかで足切りをするのも有りですね。僕がよく行っている、星野リゾートってあるんですけど。それでも界、リゾナーレ、星のやってあるんですけど。星のやって一番ランクの高いところは、2泊からですね。基本2泊からで、一泊安くても5万から10万くらいで、何があるかというと、2週間前からキャンセルかかるんですよ。10%。2週間前から10%キャンセル料かかるってことは、適当にコロコロ予約代える人とか、ドタキャンしたりとか、そういうルールを守らない人っていうのを、そこで切っているわけですよね。そこで来る人っていうのは、マナーが良かったりして、だからこそスタッフさんとかも全力で接客をすると。価値を感じてもらうってことなので。まあ値段とかで足切りをするっていうのも一つありますね。2週間前から10%って結構ですよ。なのであまりにも足切りっていうか、来て欲しくない人を明確にし過ぎて、誰も来なくなったら本末転倒なんですけど。そういう形でやった方が、結局満足度が高い、それはお客さんの満足度もそうですし、従業員の満足もそうですし、会社としての価値も高まるかなっていうのはありますね。ここは勇気をもって来て欲しくない人を明確にするっていうのは、最初の段階では言えないですよ。最初からは無理ですよ。最初はそんなこと言ってられずにやらないといけないですけど。ある程度出来たら、それをやらないとただくたびれて終わるかなと思いますね。勘違いしないで欲しいんですけど、この音声聴きました、じゃあ私もこういう人来て欲しくないんでって、いやいやお前そんなこと言ってる場合じゃないだろっていうのはありますね。最初は泥臭くやらないといけないですよね。

はい。

ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です