「多少強引でも、お客さんを理想の未来に導く」

はい。ということで、今日も始まりました。岩松勇人の秘書の部屋ということで、今日は48回目。多少強引でも、お客さんを理想の未来に導く。これはどういうことでしょうか?

そうですね。お客さんは、人間は現状維持マインドっていうのがありますので。理想の未来になりたいと思いつつも、でも今がいいかなとか。変わるのがちょっと恐いとか、そういう気持ちが誰でもあります。なのでちょっと強引に腕を引っ張っていくような感じで、お客さんを理想の未来に連れて行くという。その強引にっていうのは、例えば感情を動かすっていうのもそうかもしれないですし、色んな手段があると思うんですけど。それくらいの強引さがないと、中々お客さんを連れてってあげることは出来ないですよっていうことですね。

そうですね。まあこれは特にサービス系とか学習塾とかもそうですけど。力が足りてない人が多いんですよね。強引にもこっちの基準に合せて、必要なものを勉強させて、導いていかないと、たどり着けない。かといって強引にやると、今度はやらされましたとかっていう人がいますけど。じゃあどんすんのっていう話ですよ。逆もあるわけですよ。今の現状と理想。僕のコンサルとかに来て頂いた方で、全く初心者です。理想は月収100万ですと。どうやってやるのって言って、あなた解決策持ってますかって、いや持ってませんと。岩松さんの言われた通りやりますと。そうであればこっちの求めているものや、最低限必要なラインをお伝えしますので、それを是が非でもやって下さいということで、それを大体やらないんですよ皆さん。そうですよ。これは何か最近そういう、やらないとか出来てないとか、批判的な意見が多いと思うと思いますけど。実際そうなので、ホントに100万稼ぐ流れを自分で考えて、自分で計画を立てて自分でやらないといけないので。それを僕が考えて、こういうプランニングでこういうふうにやって下さいと。それもやらないとなると稼げないということですね。それで良ければいいですけど、それは嫌だと。教え方が悪いと言われても、教え方じゃなくてそれは、あなたのただのワガママを通しているだけですので。それがあなたの今の通信簿ですよっていうことですよね。僕のコンサルに行って稼げないのは、僕のコンサルの内容云々じゃなくて、これはあなたがどう実施しているかなんですよね。それは社会的にみて、あなたが稼ぐのに値しないから稼げてないだけで、そこをあまり混同しないで欲しいなと思いますね。なので初心者になればなるほど、現状っていうか自分が分かってないので。英語が出来てない人が、自分は話せるようになりたい言って。相当なステップを踏んでいかないといけないので、大丈夫?みたいな。スポーツとかもそうですけど。もうちょっと基礎から鍛錬からですね。部活とかも結構強引っていうか、結構厳しさもあったりしますし。それなりにやらないと何事も成し遂げられないですよっていうのはありますね。そういう意味では強引っていうのは、セールスコピーで、強引にでも引っ張っていくことも、ある程度の価格を提示して、それなりにちゃんとコミットしてもらうっていうのも大事ですし、物販やるのもそうで、ちゃんとお金を払ってもらった人に、サービスを提供するのも大事ですので。強引さっていうのもある程度大事かなとは思いますけど。あなたが別にやりたかったらやればいいですよでは強引じゃないですよね?

そうですね。

ってことはあなた基準であなたの今の成果が出てないとか、あなたの基準なので。それで理想の未来に導けるかっていったらそうではないと。物販とかだったら、あなたが欲しいければ買えばいいので。買って手に入るかもしれないですけど。もうちょっと深く密に関わっていくのであれば、まあライザップとかもそうです。あれも強引っていうか、糖質制限とかで白米も食べない感じですけど。でも多少強引でも理想の未来に導くっていう姿勢、これは大事かなと思いますね。続く続かないとかもまた別問題として。武内さんどうですか?

そうですね。まあお客さんのためを思って、ちょっと強引にっていうところですかね?それがないとやっぱり離れちゃうと思うので。

強引っていうか、基準ですよね。それをやるための基準がこれですよ。これにあなたは合わせて下さいって感じですよね。それが強引に見えるだけで、強引でも何でもないけど、それが適正っていうか。ありがとうございました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です