「慢性的なアウトプット不足」

はい。ということで、今日も始まりました。岩松勇人の秘書の部屋。今日のテーマが、慢性的なアウトプット不足ですね。今回45回目ですけど、これはどういうことでしょうか?

そうですね。まあ言葉の通りなんですけども。アウトプットですね。インプットばっかりやってて、アウトプットに結びついてない人が結構多いかなと。まあそうですね。ビジネスとかに限らずなんですけど。例えば口下手な人とか、自分の気持ちを伝えるのが苦手とかっていう人。まあ私もそうなんですけど、いると思うんですよ。これって普段から練習をしてないからだと思うんですよね。自分が思ったことを会社とかだと、上司にむかついたとしても、それを直接言えなかったりとか、自分の心の中に留めておこうみたいなのって、よく日本人だったら結構あると思うんですけど。そういうのが積もり積もって、自分の気持ちを吐き出すことが出来なくなっちゃっているというか。何かそういうのにも通じるかなと思います。

そうですね。ちなみに一つ言うとしたら、インプットにぶっちゃけ何の価値もないっていうか。インプットってただ摂取しているだけなので。まあ価値がないっていうのは、結局それをどう出して、成果に結びつけるかにしか価値がないんですけどねっていう。ビジネスうまくいかない人って、インプットばかりするっていうのは、インプットして満足するっていうのは論外っていうか。勿論ある程度成果が出て、お金があって知的好奇心を満たしたいっていうんだったらいいかもしれないですけど。何の役にも立たないですからね。あなたが勉強したことが、誰の何の価値になるんですかっていう。自己満でしかないですよね。私はこんだけ勉強してこんなことも知っているんですよっていって、頭でっかちになって、実際それが使えるかどうかは別問題っていうことですよね。アウトプットっていうか、実際それを出して反応を見て、それで合ってるかどうかも確かめますし、アウトプットしてない人間っていうか、起業家っていうかビジネスマンっていうのは、何の価値もないと。そのアウトプットの質を高めるために、もちろん大量のインプットっていうのは必要なんですけども。特に最初のうちっていうのは、インプットもそこそこでいいので、大量のアウトプットをして、そこでデータとかを取ったり、反応を見て行かないと、結局要は何の価値のない人間にはなっちゃいますよね。僕は価値がない価値がないって言ってますけど。僕が言っているっていうか、社会がそういう風に認定して、その結果あなたにお金が入って来ないっていう現状がありますので。それを真摯に受け止めて、じゃあ何でお金が入って来ないかっていうと、ちゃんと価値を提供して対価としてお金を得るっていう、価値を提供するアウトプットが出来てないからですよね。何で出来てないかっていうと、それが不足しているからですね。ちょっと習ったことをちょっとアウトプットしてお金稼げませんって言って。いくらいい情報をいれてもそりゃ貯めこんでたら意味がないのであって。だからどんなに勉強してもお金にはならないですよ。例えば一級建築士の勉強をして、勉強したとしても資格取ったとしても、お金にはならなくて、それを資格とかその技術を活かして、どういうふうに顧客のいろんな思いを形にするか、そこで初めてお金になるんですよっていうのがありますね。皆さんは無責任な人が多いので、なんか勉強が好きなんですよね。勉強って別に責任が伴わないので。自分の中で色んな知識を得て、すごい良くなった気がするんですけど。今は別にこれやっているからいいっていう変な自分の中のセーフティーゾーンを張り巡らさせている人もいるんですけど。ビジネスマンである以上、毎日アウトプットして毎日売上げを上げて毎日成果を出すっていう。毎日売上げを上げないんだったら、今はこの期間、今はこの期間で、最終的に帳尻を合わせて、いつまでに結果を出すっていうのがないと、ビジネスマンっていうか、ビジネスをやるものとして、何の価値もないっていうのはありますね。これだけ僕が否定的なこと言ってますけどホントに多いんですよ。アウトプット不足。自分の言葉を発言するのもそうですし、それを貯めこんでいる人とか、とにかく便秘ぎみっていうか、慢性的な便秘ですよこれはホントに。それはどうですかね?武内さん。

まずいですね。

なのでもうちょっと何か、フットワークを軽くして、PDCAサイクルっていいますけど。何でこんなにアウトプットしないのかなっていう。お金を稼ぎたくないっていうか。というよりかは無責任だなっていう。責任が生じますのでアウトプットって。勿論顧客からクレームを頂くこともありますし、うまくいかないこともあるんですけど。改善改善が大事なので、必要な時に必要なインプットをすればいいかなと思いますね。インプットばかりせずに。両方してないのは論外ですけど。まあとにかくアウトプット9割5分でもいいからとにかくやって欲しいなっていう。体感的には。どうでしょうか?

はい、時間です。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です