「”まさに自分のことだ”と感じてもらう」

はい。ということで、今日も始まりました。岩松勇人の秘書の部屋ということで、説明はちょっと飛ばすんですけども、今回が第27回目ですね。今回のテーマが、まさに自分のことだと感じてもらうということですね。武内さんどんな感じでしょうか?

うーんとですね。まあお客さんにとって、こういうふうに感じてもらうお店で、やっぱりファンになっちゃうと思うんですよ。物販のお店でもそうですし。このお店自分のためにあるようなお店。すごい自分のことを分かってくれて、自分が欲しいものを並べてくれるお店だと思ったら、知らないうちにファンになっちゃうと思うんですよね。物販だけじゃなくて、まあ色んなビジネスに通ずることだと思うんですけど。この人は自分が欲しいものを提供してくれるとか、自分が理想の未来として考えているところに連れてってくれるなって思う人に、ついていきたいと。そういう方にはお金を払ったりすると思うので、それを目指していきましょうという感じですね。

そうですね。まさに自分のことだと言うのは、さっきも言いましたけど、例えばネットショップ作るとかっていうのは、ホントは多くの人に開かれているっていうか。その人専用のお店ってわけではないんですけど。そう感じてもらうってことですよね。これは最たる例っていうか、ステップメールとかセールスレターとかもそうなんですけど。僕は結構その辺りが、ある程度出来ているっちゃ出来ているので。こうやって偉そうに話が出来ているんですけど。まあ結構例えば僕のコンサル来て頂いた方で、同じようなメールをお送りしても、まさに自分の事だと思いましたっていうフレーズは沢山ですね。ホントに山のように頂きまして。それは何故かと言うと、大体僕のコンサル来ている人の共通点とか、響く言葉っていうのが大体熟知していますので、それをちょっと散りばめるだけで、一定数というか特に僕のして欲しい人に向けたメッセージを送れば大体反応してもらえるっていう状況ですね。これは勿論物販のお店でもいいですし、それ以外のビジネスでもいいんですけども。これですよね。まさに自分のことだと感じてもらうと。これはコンセプトの作り方とかもそう。ネーミング世界観もそうですね。武内さんがまさにこれは自分のことだ、自分のための商品だお店だって、何か感じたものってあります?普段のお買い物でもいいですし、普段の使っているサービスとかでもいいですけど。

そうですね。最近パーソナルトレーニングに行っているんですけど。その人のセールスレター的なサイトがあって。書き方とかブログでも情報を発信している人なんですけども。すごい上手だなと思って。

どのあたりがですか?

今までもダイエットを繰り返し失敗してきている人っていうのも一つのターゲットにしているんですよ。なので例えば糖質制限のダイエットしても痩せないですよね?ジム行っても痩せないですよね?それは何故かというと、こういうことなんですよ。だからこういうアプローチをしないといけないんですよっていう言い方をしていて。共感をする部分はすごく多いですね。まあその人男性なんですけど。よく分かっているなっていう。

女心を。

そうですね(笑)

乙女のダイエット心を。

そうですね。

なるほど。

思わずやっぱり、ここしかないって思った部分はあります。

なるほど。その後どうですか?体型の方は。

いい感じに変化が出てきてますね。ボディメイク。

なるほど。その辺りですよね。まさに自分の事だと。自分のためのサービスだと思ってもらって、実際に効果がある程度出ると。勿論目に見えるもの、数字以外のものもそうなんですけど。実感してもらうってことですね。それがあればファン化っていうのが進みますので。最初の段階ですよね。まさに自分の事だと感じてもらうっていうのが、抜け落ちた段階では、まず選ばれないってことなので。ここが最重要ですよね。これでも他にも似たようなパーソナルジムとか今入っているじゃないですか?何が一番違いましたかね?

そうですね。なんだろう?何が違うかな。やっぱり人によって効果が出るトレーニングも違うとか、食事の組み立て方もその人の体質とか、今までどんなダイエットをしてきたかとか、人によって違うらしいんですよ。それを個別で指導してくれるっていう。例えばモデルさんとかもボディメイクの指導をしている人がやってるところなんですけど。モデルの場合だと2週間後にショーが控えているから、じゃあ二の腕を2週間後までに2㎝細くしたいっていったらそれが出来ますよっていう。

なるほど。具体性ですね。極端に話ていたらライザップとかだったら、カリキュラムが全員同じように糖質制限をして、こういうふうな運動をするんですけど。そういうのが違って具体的にこういう場合だったらこうですよっていうのがあるってことですね。なるほど。ちょっと今の武内さんの心に響いたっていうのが参考になるかなと思います。まあ今回27回目ですね。まさに自分のことだと感じてもらうってことで、是非これがビジネスの差別化っていうか、ファン化の最重要ポイントなので、是非この点を意識して、自分のビジネスに取り組んで欲しいなと思います。じゃあ以上です。ありがとうございました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です