「テストマーケティングまで含めてリサーチ」

はい。ということで、今回も始まりました。億万長者の秘書の部屋ということで。秘書の武内さんが、僕が普段ポロっと喋っているようなものをチョイスしてくれましたので。それについて1個1個振り返りをしながら、やっていくということで、22回目なんですけども、テーマがテストマーケティングまで含めてリサーチ。これはどんな感じですか?

そうですね。例えば物販でいうと、儲かる商品だったり、売れる商品ってどんなものかってリサーチをすると思うんですけど。これって、実際お客さんの目の前に並べてみないと分からないんですよね。ただそれをやろうとしないで、どうなんだろうなあ、これ仕入れてもいいのかなあ、どんなんだろうなあっていうところで、ウジウジしている人が多いので、まあ答えを持っているのはお客さんなので、まず出してみましょうということかな?

そうですね。これは例えば無在庫で反応を見るのもそうですし、テストマーケティングってそもそも何かっていうことなんですけども。テストマーケティングの前にマーケティングっていうの何かと言いますと、マーケティングって僕の定義としては、見込み客を既存客にするまでの一連の流れのこと。もう1回言いますね、見込み客を既存客にするまでの一連の流れということで、ちょっと早口で言いましたけど。つまり見込み客ですよね。実際お客さんになってくれるまでの一連の流れなので、確かに何の商品を仕入れようかなあっていうところもリサーチなんですけども。実際にそれをどういうふうに並べてどういう見せ方で、どういう商品説明でどういうふうに出すかっていうところですね。これを妄想で終わっちゃっている人が多いんですけど。これを出して反応を見るっていうところですね。反応を見て欲しいんですよね。出してお客さんのアクセス数とか、欲しい物登録とか、売れるのか売れないのか、価格を下げたらどうなのかっていうところですね。出すだけじゃなくてそこからいじったりとか反応を見たりとか、更にブラッシュアップしていくっていう部分ですね。結局これがPDCAサイクルって言って、Plan・Do・Check・Actっていうところにもつながるんですけど。何か1分の1で結構当てようとしている人が多かったりとか、何かそれが全然ダメっていうか。僕だったら物販だったらとりあえず1000商品並べましょうと。1000商品並べたけど売れませんっていう人がいるんですけど。1000商品並べた中から反応のあるもの。何故それが売れたんだろうか。それを縦堀・横堀ですね。時間軸的にどうなのかですね。時間軸の話は後でするかもしれないですけど。それで1000商品をもっと中身を変えていったりしてもいいですし、反応がいいものはもうちょっと入れたりとか、商品説明充実させたりとか、在庫持ったりっていう部分ですね。それも含めて常にリサーチなんですよ。リサーチが分かりませんっていう人が一連の流れが全てリサーチなので、常にそれをどうすればいいか。勿論ライバルの分析もそうですし、実際出してみるっていうのもそうですね。なのでホントにこれが、リサーチっというのが商品を見るだけではなくて、全部ですよね。基本的に一連の流れっていうのが全てマーケティングにおいて、常にお客さんの反応っていうのを見ないといけないので。そうですね。まあテストマーケティングまで含めて。まで。そうですね。まあ早い段階でリサーチをどうすればいいですかっていうのは、多分出してないんですよ。反応を見てないんですよ。

うん。

私に儲かる商品何かって、どうやれば売れるかじゃなくて、お客さんに聞いてみて下さいって、よく僕が言うと思うんですけど。そこを聞かないと、お客さんに聞いて下さいって岩松さん教えてもらえないんですかって、言われるかもしれないですけど。そうじゃなくて、型とかどういうふうにやればいいかっていうのをお伝えして、じゃあ実際にやってみましょうねって、反応を見ましょうってことですよね。勿論今年はこういうのが流行っているとか、今ライバル調査したらこういうのがあるって、こういうのがトレンドですよっていうのはお伝え出来ますけど。それを僕がポロポロ言うんじゃなくて、自分からワードをチョイスして、お客さんの目の前に出して、反応を見て、逆に次どうするかっていう、そこまで当たり前のように出来るようになって欲しいなっていうのはあります。

でもこれがやっぱり一番楽しいですけどね。お客さんの反応を見て。

そうなんですよ。それをしないんだったら、僕のこれを出して下さいって、ハイ出しますっていうのだったら、何か僕の部下みたいな感じで、何かそれはちょっと思い描いている自由な生活とか、ビジネスをやっていくっていうのと結構反するっていうか。会社員的な思考にはなっちゃいますので。どんどん自由にやっちゃっていいですよっていう感じですね。ただ勿論売っちゃダメな商品とかもありますので、偽物とか。

そうですね(笑)

一応可能であればコンサルとかでURLとかも見せてもらって、別にパクったりとかしないので。少なくとも僕はもうそんな低レベルの話はしてないので。もっと違う次元で僕はビジネスやってますので。まあそんな感じですかね。っていうことで今回22回目のテーマはテストマーケティングまで含めてリサーチということで、もうちょっとお客さん声を反応を基にどんどんブラッシュアップしていきましょうということで。それが全てリサーチなので。まあそういう感じです。ありがとうございました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です