「欲しい人、高く買ってくれる人を探して、そこにちゃんとした商品を必要な分だけ置く」

はい。ということで、今日も始まりました、岩松勇人の秘書の部屋ということで、第21回目なんですけども。武内さんが、僕が普段ポロっと発言している金言と呼ばれるものの数々を、リストアップしてもらいまして、それに対してちょっと1個1個もうちょっとちゃんと解説をしていくっていう企画が、まあ21回目なんですけども。今回が、欲しい人、高く買ってくれる人を探して、そこにちゃんとした商品を必要な分だけ置く。これはどういうことですか?

これは多分物販のことで、こういうことを岩松さんがお伝えしていたと思うんですけども。まあそうですね。やっぱり皆さん価格差を追いまくって売れている出品者の真似をして、自分も出してやれとか、コバンザメみたいな形でリサーチしたり。出品したりしている人が多い中で、もっとちゃんと欲しい人がどんなお客さんで、どんな人が買ってくれるかとか、必要な分だけやみくもに出品するんじゃなくて、必要な分だけ置いていきましょうっていうような。

そうですね。まあそのまんまですけど。

すいません(笑)

結構当たり前のことをいっているんですけども。まずそもそもそれを求めている人の前に置かないと、いくら置いてもしょうがないですよねっていう部分で、まあ豚に真珠って言葉があるんですけど。豚の前に真珠を置いてもしょうがないわけですよね?

うん。

豚が真珠を欲しいかって言ったら欲しくないわけですよ。

はい。

欲しい人にならないわけですよね。まあそもそも人じゃないんですけど(笑)で高く買ってくれるっていうのも大事で、欲しいけどまあ乞食みたいな人ですよね。とにかく一円でも安くみたいな。そういう人じゃなくてちゃんと利益が乗っかっててもそれに価値を感じで、ちゃんとお金を払ってくれる人ですね。これが大事ですね。欲しい人は分かったと。高く買ってくれるっていうのは別問題なので。誰が高く買ってくれるかっていうと、価値を感じてくれる人ですよね。例えば僕のコンサルとかって、それなりの金額をチャージして頂いているんですけど。例えばそこらへんの女子高生とかに僕のコンサルって言っても、欲しいかっていっても、そもそもちょっと興味あったとしても、例えばですねお金稼ぎたいとかで、皆さんバイトとかしている女子高生もいるかもしれないので。自分でお金を稼いだことがないとかいって、確かにってなるかもしれないですけど、高く買ってくれるっていったらまた別で、そんなんだったらいいみたいな感じかもしれないですけど。欲しい人を高く買ってくれる人っていうのが重要ですね。価値を感じている人ですね。そこにちゃんとした商品ですね。ちゃんとしたっていうのも、何をもってちゃんとしたかなんですけど(笑)まあその求めているものに対しての、こちらとしてはこういうのが出来ますよっていう提案。それは直接聞いてもいいですし、色々欲しいとかアンケート取ってもいいですし。もっと言えば察するってことですね。中々皆さん本音を言わないので、それを察してそうそうそういうのを探してたっていうのが、ポンと。もう一言加えると必要なタイミングでですね。必要なタイミングで必要な分だけ。まあ目の前にっていうか提案するってことですね。なのでこれがやっぱりビジネスっていうか、基本なので、ビジネスをうまくいってない人っていうのは、どこかが間違っているんですよね。そもそも欲しい人が分かってないと。高く買ってくれる人じゃない。高くっていうか適正価格っていうか。それが必ずしも超高額じゃなくて、適正価格でですね。買っていただく人。勿論高ければ高いほど、ビジネス的にはいいかもしれないですけど。ビジネスっていうか、継続的にっていう関係は難しいかもしれないですけど。利益としては出ますよね。ちゃんとした商品っていうのは、それなりに例えば物販だとちゃんと検品したものとか検品済のものですね。サービスとかであればそれなりに価値を頂くものですね。お金を頂くものとそれなりの、同様の、それ以上の価値を感じて頂けるような商品ですね。後は必要な分だけっていう部分で、逆にこれが満たされているようであればやらなくていいんですよね。Amazon転売で昔出品40人とかいましたけど。それは欲しい人はそうかもしれないですけど。高く買ってくれる人は40人くらいいるので、価格競争になりますし、ちゃんとした商品かもしれないですけど、必要な分だけっていうか、40人出しているので、そこに41番目に出してもしょうがないっていう部分ですね。これはもう当たり前すぎるんですけど、当たり前のことが当たり前に出来ていないから、当たり前に利益が出ないっていう現状がありますので。こういうところを見直しをされたらいいのではないでしょうか。っていうのが僕からのメッセージですね。

なるほど。そうですね。誰に何を売るかっていう、それだと思うんですけど。

そうです。やっぱリサーチ不足っていうのはありますね。次の音声もリサーチとかあるかもしれないですけど。ホントにやっぱ24時間リサーチしまくるくらいの感じで、この部分ですね。今日お伝えしたことを意識して取り組んで欲しいなと思います。まあ今日は21回目ということで、欲しい人、高く買ってくれる人を探して、そこにちゃんとした商品を必要な分だけ置くってことですね。ということで終わりたいと思います。ありがとうございました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です