「出過ぎた杭まで行けない人が、進化をせずに他人を蹴落とそうとする」

はい。今日も始まりました。岩松勇人の秘書の部屋ということで、私が、まあメンターがポロっと言っている言葉の数々ですね、名言とか金言と呼ばれるものを、武内さんでチョイスしてもらいまして、それを武内さん目線で解説し、更に私の方で深堀をするということですね。今回24回目ということで、今回のテーマが、出過ぎた杭まで行けない人が、進化をせずに他人を蹴落とそうとすると。これはどういうことですか?

これはそうですね。例えば物販でいえば、人の真似をするとか売れてる出品者さんの商品を真似しましょうとかって、よくありますけど。これってやっぱり自分が進化をしようというところにフォーカスしてなくって、やっぱり楽をしてというか、人の真似をしてあやかろうとするマインドの人達。結構邪魔をしようとする人って多いと思うんですよね。売れている人の真似することによって、じゃあもっと安く出しちゃえって言って、結局その市場が荒れてしまったりとかっていうものもありますし、後は例えばビジネスを学んで、家族の方とか近くにいる人ほどやっぱり変化って感じるので、進化してると思ったらやっぱり自分が置いて行かれちゃうという気持ちになってしまうので、それで足を引っ張ってしまうとかっていうケースもあるかな?

そうですね、最後足を引っ張るって、蹴落とすとか言いますけど。足を引っ張るってすごく適切な表現かなと思いまして。要は自分が進化して上に上がるんじゃなくて、上にいっている人の足を引っ張って自分のところに戻す。そうして安堵の気持ちを得るっていう感じですかね。人間って比較の生き物なので、例えば自分の友達とか知り合いとかで、急にすごい何か稼ぐとか、ビジネスでなくてもいいんですけど。うまくいっている人がいたら、結構嫌だと思うんですよね。嫌って何故かっていうと、何か自分が置いて行かれる気がするからってさっき言いましたし、自分の生き方が否定される感じがしますし、まあそれがやっぱ羨ましいっていうのも単純にありますし。なので結局出過ぎた杭っていうか、圧倒的になればそんなの言えないんですよね。例えばビジネスで言えば孫正義っていったら、蹴落とすっていうか、蹴落とすなら蹴落としてみろみたいな感じで。俺は灯油被って火をつけるぞみたいな、そういう感じで蹴落とそうものなら、逆に丸焼きにされるような勢いで、出過ぎた杭の人ってかなりのマインドセットっていうか、心臓に毛が生えているっていうか強靭なメンタルなので。中途半端は人ですよね。自分は進化をしないと。だからさっきの物販の例でもお客さんにフォーカスをしてもっとよくすればいいと思うんですけど。自分の店を選ばれるにはどうしたらいいのかと。せずにライバルの真似してやろうとか、ライバルに嫌がらせしていたずらな注文してやろうとか、結構そういうのいるんですよね。結構多いんですよ。Amazonとかでライバルのところでお店をみて、嫌がらせをしてアカウントを潰してやろうとかっていうのもありますし。そういう部分ですよね。そういう横やりとか蹴落とすっていうのは、まあ足を引っ張る人に負けないで欲しいなっていう感じですね。芸能人とかでも、アイドルの子が昔付き合っていた彼氏に写真を売られたとか、何か色々あると思うんですよ。友達になんか色々言われたとか。それって、それで目だったり有名になろうとしたら、必ずそれが気に食わないっていうか。それをしなくても自分がそういうふうになればいいですし、それと別なんだったら関わらなければいいのに、邪魔をするんですよね。なのでそれに負けないっていう部分ですね。負ける、何をもって負けるかなんですけど。結局その人の思うつぼっていうか。その人の思惑通りに進んじゃうと、結局上を目指してやっているのに、それを目指さなくなってしまうと思うんですけど。なのでまあでもそこを超えたゾーンですよね。是非出過ぎた杭までいって欲しいなって感じですね。まず出る杭までいけてない人は、出る杭までいって欲しいんですけどね。僕とかも最近は多少有名に、なりたいわけじゃないですけどなってますので。僕も最近は、まあ心ない事を言われる事も多々あるんですけど。出過ぎた杭ですね。僕は出てるのか出過ぎているのか、ちょっと中途半端なところで、出過ぎてはいないけどちょっと出てるか、もうちょっと出ているかっていう感じで。そういえばそうですね。以前に比べたらちょっと出てますよね。なので僕という杭が、けちょんけちょんにされないようにですね。

はい。

まあ僕は進化すればいいだけの話なので。まあそういうことですね。

はい。

ってことで今回出過ぎた杭まで行けない人が、進化をせずに他人を蹴落とそうとするということですね。まあ何かTOKIOの歌でもありましたよね。お前が消えて喜ぶ者に、お前のオールを任せるなっていうのがありましたけど、まさにそういうことですね。

なるほど。

宙船。是非聴いて下さい。じゃあ以上です。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です