「縦掘・横掘・時間軸」

はい。今日も始まりました、岩松勇人の秘書の部屋ということで、今回第11回目ですね。今回のテーマが、縦堀・横堀・時間軸ということで。これはもうホントに擦り切れるくらいですね。たぶん聞いたことがあるフレーズかもしれないですけど。最近あんまりちゃんとこれを説明していなかったので、今日説明しようと思うんですけども。武内さん、縦堀・横堀・時間軸とはズバリ何ですか?

縦堀・横堀・時間軸。まあ反応が取れている商品、よく売れている商品とか先輩出品者が出している商品とか、その物を真似するのではなくて、売れているってことは、何かしらあるわけなので、要素というか。それを抽出して、もうちょっと広げていきましょうっていう感じですね。

広げていく。

はい。

なるほど。もうちょい、どう広げていくとかありますか?

そうですね。まあその商品と似ているものをどんどんどんどん掘っていって、反応を見てみるっていうことと。後は何か付随するものとかっていうのが、縦堀・横堀ですね。で時間軸というのが、過去にこんな動きがあったから、今回同じような動きがあったから、こうなるだろうっていう。

まあ未来予測ですよね。これは例えば僕がノーブランドのアパレルとか値段の分からないものを推奨してます。アパレルだったらキーワード2つで考えて欲しいんですよ。キーワード1個って縦堀って難しいっていうか。例えば昔流行ったミモレ丈でもいいですし。チェスターコートとかオフショルダーとかあるんですけど。例えばテラコッタのワンピースっていう。これ2つですよ。テラコッタとワンピースってキーワードありますよね。これで一つだとします。テラコッタとワンピースで一つ。テラコッタワンピースってすごいランキングで上位にあったりとか、自分が出して売れたとします。テラコッタのワンピースって世の中にこれ1個だけですかっていったらそんなことなくて、他にもいっぱいあると思うんですよね。各プラットフォームでヤフーとかワウマとかラクマとか楽天とか色んなところで売れているテラコッタのワンピースを全部見ましょうと。これが縦堀かって言われたら、これも縦堀の一部なんですけど。プラス色んなプラットフォームに出ていないところ。中国の仕入れ先とかにあるけど、日本には出ていないものも、テラコッタのワンピース全部出すってことですね。テラコッタのワンピースが売れるってことは、似たようなテラコッタのワンピースが売れる可能性があると。特にノーブランド品って、これっていうよりかは何となく検索をして、行きつく人が多いので。必ず売れるってわけじゃないですけど、売れるんじゃないかって予想が当たってテストをするってことですね。最初点がつくからそれに近いのが売れるってことですね。

はい。

それがないと、最初手がかりがないので。テラコッタワンピース全部出し切るのが縦堀。でもテラコッタとワンピースだけじゃなくて?ってなるんですよね。テラコッタのガウチョパンツだったりとか、ブラウスだったりとか、シャツとかスカーフとか、オールインワンとか。これが横堀なんですよ。テラコッタワンピースだけ掘っていたら、そこにたどり着かないです。横にずらさないと。テラコッタのブラウスだったら、テラコッタのブラウスで縦堀するんですよ。テラコッタのブラウスを全部出し尽くす。テラコッタのオールインワンとかで全部出す。これは横堀です。縦横は何となく分かったと。時間軸って何かというと、それが現在過去未来。これは僕がよく言っている4つのフェーズがありますと。プロダクトライフサイクルっていう。商品がどういうふうに移り変わるか。導入期・成長期・成熟期・衰退期。例えば売れている人がいて、すごいアクセスがあって人気っていって、じゃあ自分も参入しようと思ったら結構遅いんですよ。導入期から成長期を過ぎて、成熟したくらいで参入するってことなんですよ。待っているのは衰退ということですね。なのでこれから入るであろうとか入りだすであろう時に、まあ何期目にも上位にすごいいっぱいあるっていうか、今後流行るであろう時ですね。これは毎年販売していたら大体分かるんですけども。他にも波に乗ったら導入から成長でぐっと売れるってことですね。水着とか分かり易いですよ。水着の時期とかもそうですけど。水着はどれくらいから出していますか?2月とかですかね?

うーん。2月とかですかね?

2月ですか。普通7月とか8月なのに2月。2月に導入期。導入期の最初にはちなみにパイオニアって言います。先駆者ですね。そこから出していって、成長期で4・5・6で売れますよね?

売れますね。ゴールデンウィークぐらいからガっと。

7・8だと遅い。

遅いですね。

成熟。もうお盆あたりから衰退ですよと。なので皆さん遅いんですよね。この波にのれるかっていうのが大事。水着でも色んなキーワードとかあるってことですよね。そういうのがあります。

フリルとかオフショルダーの水着も結構ありますし、後は柄ですね。チェック柄。花柄とかリボンとか。

そうです。なので水着で売れるものを縦横があって、時期を考えていつ参入するかっていう。ちゃんと今回説明しましたので、これさえあれば永遠に儲かるしかない。売れないことはないってことですね。今回真面目に言いました。第11回目が縦堀・横堀・時間軸と。これ何回も聴いて下さい。じゃあありがとうございました。

はい、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です