「人がどこに向かっているのか、人の欲しいものをもっと敏感に感じて欲しい」

はい。今日も始まりました。岩松勇人の秘書の部屋ということで、今回第13回目なんですけど。テーマが、人はどこに向かっているのか、人の欲しいもっと敏感に感じて欲しいということですね。これはどういうことですか?

これはそうですね。商品とか何が儲かるのかっていうところだけに目を向けるんじゃなくて、もっとその商品を買う人ですね。その人が何を求めているのか、どういうふうになりたいと思っているのかっていうところを、もうちょっと考えましょう、人基軸で考えましょうっていう。この考え方。

なるほど。これはお客さんのライフスタイルに入り込むってありますし、これはちょっと似ているなってのもあると思うんですけども。入り込むっていうのも大事ですけど。入り込むとこっちが提案したりとか、こっちがズカズカ入っていく感じですけど。どっちかっていうと、ズカズカ入るんじゃなくて、お客さんのものをちゃんと見て、お客さんの欲しいものとか、お客さんがどういうことを見ているかっていうのを、事前に察知するような感じかなっていう感じですね。なのでホントに転売とか物販で良くないところ、特にインターネットを使ったものは盲目的になってしまっているっていう部分で。八百屋とかでお客さんがアレ欲しいっていって、その場で会話が出来たりとかしますし。スーパーとかでもいいですし、洋服とかでもいいですけど、買おうとしていたら、何故それを買おうとしていたりとかっていうのは、結構感じ取り易いんですけど。例えばじゃあスーパー行ってたまねぎとジャガイモと何かニンジンとか買っていたら、今日肉じゃがなのかな、カレーなのかなとか言って、何かそれだったら次こういうのがいるんじゃないかなとか、色々提案がしやすいと思うんですけど。転売だけやっていると機会的なのであまり感じ取れにくいっていうのはありますね。ホントに人っていうのを軽視しすぎで、外注さんとかパートナーさんも人ですし、お客さんも人ですし。自分自身も人ですし、僕とか武内さんとかも人なので。僕とかがどういうふうなのを目指してて、僕がどういうものを求めているかっていうのを感じたら、コンサルの受け方とか悩みとかもそうですけど、やり方も変わってくると思うんですよね。武内さんはどういうコンサル生の方だったら、結構いいかなと思いますかね?

やっぱり多くの人がコンサルを来ているから、お金払っているから教えてもらって当然というか、教えてよっていうのがどこかにあると思うんですよ。でも岩松さんがメンターの方に、どういう行動を取ってきたかっていうのも、恐らく色々見て知られていると思うんですけども。相手にとって何を求めているかとか、相手がこうして欲しいと思っていることを、パッとこう差し出すとか。そっちの方がやっぱりこの人ともっと近づきたいなとか、近い距離で教えてあげたいなとかって思うので、そういう相手軸といいますか、それが出来たらもっと岩松さんとも近い距離で、接したりとか教えて頂いたりとか出来るんじゃないかなと思います。

例えばどんなのがありますか?どういう行動とか?

そうですね。例えば岩松さんが今困っていることとか。こういうことをしてくれる人がいたらいいなっていうのを察知して、言われる前に、これやって見たんですけどどうでしょうか?っていう。そういう提案をしたりですとか、日々の報告とかもこれは当たり前なんですけど。

そうですね。まずはだから提案も大体頓珍漢な感じで、提案してくれるのもうれしいんですけど。それはすごいナイスな提案じゃないと逆にうっとうしくなっちゃいますので。そうですね。なので僕は少なくともビジネスを拡大しようと思ってまして。一緒にビジネスを出来る人が増えたらいいなとは思いますので。それは別にあなたを介護する、ジョイントベンチャーとかで岩松さんと一緒にビジネスされたいですっていうのは、介護するわけじゃなくて、一緒に掛け算とか一緒に飛躍出来る人じゃないとダメなんですよ。僕のリソースをチュウチュウ吸う人じゃ、僕の負担を全部食い散らかすっていうか、そういう感じなので。まずは素直に実践するっていうことですね。ある程度結果を出したり、その上で僕とかコンサルでビジネスパートナーがいますので、その人の心理を理解しどうすればその人のためになれるかですね。そういうふうになると、どんどん同じようにサポートしてもらうかとか、こういうビジネス任してみようかってなりますので。まあお客さんもそうですし、僕とか武内さんのとかビジネスパートナーも人なので、常にそれを意識して欲しいなということですね。すごい真面目な感じですけど。まあ出来てない人が多すぎるので。是非意識して欲しいなっていうのはあります。

はい。

今回13回目ということで、人がどこに向かっているのか、人の欲しいものをもっと敏感に感じて欲しいということで、敏感に感じて欲しいなって思います。ではありがとうございました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です