「当たり前の基準を上げる」

ということで、今回も始まりました、岩松勇人の秘書の部屋ということで、今日もですね、僕の秘書の武内さんとですね、僕がいかに有言実行しているかということで、僕の大事にしている言葉ですよね。1個1個名言とか金言とかですね。

はい。

と言われるものについて、それにフォーカスしながら、武内さんのまあ皆さんの知らないであろう、僕の姿を見ている武内さんの秘書目線での、まあ小言を頂こうかなあと思います。

フフフ(笑)

2回目ということで、テーマはですね。当たり前の基準を上げる。

はい。

これはどうですかね?

岩松さんがどれだけ高い基準で、普段過ごされているかっていうことですね。私がよく見ているのは、例えば食事する時とか、何かする時必ずパソコンで何かしてたりとか、後はスマホを見てたりとか。トイレ行く時も必ず持っていきますよね?

持っていきますね。

フフフフフ(笑)

それは結構、トイレはそれはアレですよ。トイレは必ず。

それがやっぱ一つ一つ一瞬たりともその何か、情報に触れていないと死んじゃいそうな(笑)よく仰るじゃないですか?発狂しそうになるっていう。それがやっぱり当たり前なんだなあって、すごい感じましたね。

そうですね。まあトイレはスマホで色々見たり、メールとかLINEとか見たりとか。後は食事中は電話することも多いですね。電話でスピーカーしながらもしもしって言って、ムシャムシャしながらですね。行儀は悪いんですけど、ランチミーティングとかあるじゃないですか?

はい。

何か別に食事中って別に一緒にやっているわけじゃないですけど、食事中って何かを生まないと嫌なんですよ。なので別にムシャムシャしても別に、例えば一緒にやっているパートナーとかなら別にいいじゃないですか?お客さんじゃなければ別にムシャムシャしてようが。

そうですね。

僕はコンサルで昔スカイプとかでやる機会があって、飯食いながらでもやっていた時もあるんですけど。

フフフフフ(笑)

ムシャムシャ言いますけど、気にしないでくださいとか。それとお伝えする内容は関係ないので。僕の自然体の方がコンサルにはいいのでとか適当に言ってですね。とにかく時間っていうのは有限ですし、飯食っている間っていうのは、基本的にあんまり何も生まないんですよね。これおいしいなとか、この味付けはこう活かせばいいんじゃないとか、これはビジネス的にこの盛り付けはとか、ちょっとはあるかもしれないですし、外食もあるんですけど、このお店の世界観とか色々あるんですけど、何よりもアウトプットとかインプット。今やっているビジネスに直結する事をしたいなということで。それは別にやろうと思えば出来ますよね。コンサルしながら飯食いますし、スピーカーで話ながら飯食います。はい。

それは無意識にやられている感じですね。

だってやらないと嫌ですもん。僕はだから飯食う方がついでみたいな感じです。ビジネスやるのがデフォルトで、ついでに飯食おうかなっていう。飯の時間だから。まあお腹も減るっていうのもそりゃあるんですけど。他には何かあります?

他には。そうですね。例えば海外とか、ロケしたりするじゃないですか?多分あれすごい楽しそうで、まあ編集もしているので楽しそうに思われるとは思うんですけど。何かまあご存知の通りその、わあー楽しいーみたいなそういう感じではないんですよね。全部がビジネスに結びつかないと、もう気持ち悪いっていう感じなんだろうなって、見てて思います。

結構白鳥とかも優雅に泳いでいるように見えますけど、水面下ではバタバタしているように、あのロケも結構過酷で、タヒチにじゃあ行きますってなったら、タヒチのガイドブック全部あってですね、まあるるぶとかマップルとか、ことりっぷとか地球の歩き方とか、全部ですね。とにかく全部買うと。これはお金払うっていうのが結構大事で。何かネットで検索したら出てくるじゃないですか?

はい。

それも当然見るんですけど。お金を払うとスイッチ入って、ガイドブックに載っている全部のルートとかを、観光地とか全部漏れなく見て、大体カメラ2台と三脚2台と、バッテリーも4つくらいですかね、メモリーカードも何個か持って行って、とにかく動画をいっぱい録ると。空港着いたら動画録る。写真も録る。食事も一個一個録る。食レポも毎回毎回ですね。特にお金払うものには全部ですね。ただ飯食っておいしいもの食ったーじゃなくて。飯もコストがかかっているわけですよね?そのコストに大して、最低1食レポとか1個コンテンツを提供して、それでちゃんと、それの経費にしてってことなんですよね。ある意味。あれ?中途半端な。

はい。時間ですね。

まあそんな感じで。もっと言いたいことあるんで、どこかでまたそれこそ帳尻合わせしていこうと思うんですけど。

フフフ(笑)

まあ結論から言うと、24時間365日全部ビジネスにフォーカス。それで勝手に当たり前の基準が上がりますので、まあ何か漠然とやっているのではなく、僕をちょっと見習って欲しいなっていうのはありますね。

なるほど。

まあそんな感じですかね?

はい。

億万長者の秘書の部屋2回目ですね。当たり前の基準を上げるということで、まあ食事トイレから、まずは。

フフ(笑)

改善していけたらなと。じゃあ武内さんどうもありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です