「お客さんのライフスタイルに入り込む」

はい。ということで、今日も始まりました。岩松勇人の秘書の部屋ということで、今日は記念すべき第10回目ということで、まあ今日のテーマがお客さんのライフスタイルに入り込むと。これはいつぐらいに言ってましたかね?

これは結構前ですね。初期の頃を仰ってましたね。

まあ物販セミナーとか?

そうですね。それくらいですよね。

ライフスタイル。まあこれはどういうことかと言いますと、特に物販とか転売やっている人とかって、仕入れて売って終わりって感じで、それをどう効率化させるかとか、自動化するかとか、自動販売機的に売るかとかにしかフォーカスしてない人が多いんですけど。買ってくれた人は何故買ってくれたんだろうとか、生活のどの場面で使うんだろうとか、それを使って更に満たすのは何かなって、どんどんどんどん考えて、その生活で他の場面で、他のシーンで自分が提供できることはないかなって考えるんですよね。そうすれば全部お客さんがまた次買ってくれる可能性が高くなりますし、なるべくお客さんの時間っていうのを奪って欲しいんですよね。例えば今回この音声ですよね。億万長者の秘書の部屋というのも、寝る前の5分間という時間に入り込んでるわけですよね。人によってはFacebook見たりインスタみたりツイッター見たりとか、5分間で体操をしたりとか、色々あるかもしれないですけども。武内さん習慣でやっていることってありますか?寝る前に。

寝る前に。最近はストレッチポールに乗る。

ストレッチポール。何分くらいですか?

えーまあ5分から10分くらいゆらゆらしてますね。

ストレッチポールって丸いポール状のやつで、体ほぐれそうなやつですけども。あの製品っていうのも、実際にお客さんの寝る前とか、朝起きてからとか運動する前とかの時間に入り込んでいるわけですよね?それから付随品も結構あるんですけども。今はよく言われているのは、今の世の中は時間の奪い合いっていうか、サービスっていうのは。例えば僕のコンサルに参加するのと、ディズニーランドに行くのって結構ライバルだったりするんですよね。どういうことですかって、どこが岩松さんのコンサルとディズニーがアレなんですかって、ディズニーランドに行って結構非日常を体験するのと、僕のコンサルも非日常的なのが結構あるので。キャラクターが出て来ないですけど。まあでもミッキーとかミニーとか何か色々いますよね?誰がいますか?ディズニー?シェリーメイとか。

え、誰ですか?

何か新キャラでいるんですよ。新キャラってほどでもないですけど。そんな感じで僕とか武内さんとか色々なキャラが出てきますので。だから今回億万長者の秘書の部屋ですらも、今回で言えばあなたのライフスタイルに入り込んでるということですよね。物販とかでも、もっと買ってくれるお客さんに、PDFを付けてアパレルだったらコーディネートでもいいですし、何かファッションに対する何か、時間を提供するっていうか、時間を遣ってもらうサービス。例えばサーフィンとかでサーフィンをグッズを売ったところに、サーフィンのやり方とかを動画で録ったり、講座とかやってもいいですし。ストレッチポールとかも実際あるんですけど。買ってもらったお客さんにどうやってストレッチすればいいかって、動画付いたりとか音声付けたりとかして、より入り込んで、じゃあもっと体について知ってもらおうとか講座とか始めてもいいと思うんですけども。すごい気になってきますよね。

そうですよね。

じゃあ体のほぐしの所から、実際猫背なのか色々、そこからダイエットなのか色んなところに派生していきますので。ライフスタイルにいかに入り込めるかですね。何か武内さん的にこれは実際ライフスタイルに入り込んでいるなっていう部分ってあります?この製品このサービスはズバズバ入ってきているなっていうのはありますか?

そうですね。ちょっと今私ダイエット中なので、トレーニングをやっているんですけども。食生活もそうですし、後はトレーニングの内容も含めて、トータルでアドバイスしてくれるんですよ。トレーナーさんが。なので結構私はそれに沿って、日々何食べたらいいかとか、どういうタイミングで食事したらいいのかっていうのを考えるようになったので。結構マインドシェアを占めているなっていうのはあります。

なるほど。ってことは結局食事をしている時は、何かトレーニングがあるんですよね?トレーニングの時間だけじゃなくて、それ以外の時間で、別にLINEサポートがありますとかではなく、トレーニング中に教わった事を常に生活の色んな場面で、考えながらってことですよね?

そうです。

なのでこれも是非意識して欲しいっていうか。物でもいいですよね。アップル製品が僕の周りに結構いっぱいありますので。

確かに。

完全に入り込んでまして、アップル製品がない生活はあり得ないので。

そうですよね。

そうですよね。理想はこれがない生活はあり得ないって状況ですね。っていうことです。今回第10回目ということで、お客さんのライフスタイルに入り込むでした。じゃあありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です